2006年05月15日

サッカーW杯代表メンバーが23人の理由

サッカーW杯代表メンバーが23人が選ばれるが、なぜ人数が23人なのか疑問に思う人はいないだろうか

理由は代表メンバーだけで試合形式のミニゲームを行うためだ。








1998年のフランス大会でのW杯代表メンバーは実は22人だった。このとき実はメンバーには選出されていないDF市川選手がチームと帯同していたのを覚えている人はいないだろうか。この理由も試合形式のミニゲームを行うためだった。

このときはちょうど岡田監督がカズ、北澤、市川をW杯直前に代表降格を命じた大会でカズの代表降格がいろいろなところで問題視された。カズ嫌いの私でもいまだにおかしい人選だと思っている。

さて、話を戻そう。サッカーは1チーム11人、試合をするには22人必要だ。また、GK(ゴールキーパー)だけはもしものことを考えて3人体制を組むのが当然とされている。

GKを除いた選手をフィールドプレーヤーというが、試合をするにはフィールドプレーヤーは10人*2の20人が必要だ。20人(フィールドプレーヤー)+3人(GK)=23人となるため代表メンバーは23人になったのだ。もし、22人体制の場合にミニゲームをすると第3GKが本来のGKでないポジション、例えばDFをするか、コーチが選手に混ざって試合をしないといけない。しかし、そうなればそのポジションだけは当然レベルががた落ちで練習にならない。

それを補うには1998年のフランス大会の市川選手ように代表メンバーから落ちた選手を代表メンバーでもないのに帯同させる必要があり、これも正直モチベーションの面や出場できないことが確定しているのに帯同させられている選手の身になって考えると問題だった。


このような経緯もふまえ現在は代表選手は23人体制となっているのだ。


2006ドイツW杯着用モデル!日本代表オフィシャルゲームシャツ!【adidas】アディダス 06モデル...




posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 10:01| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

ゴジラ松井秀喜、連続試合出場止まる

ニューヨークヤンキースのゴジラこと松井秀喜外野手は自身のもっていた連続試合出場記録を怪我により断念することになり、1768試合でストップした。

この日も五番レフトで先発出場した松井だが、一回の守備でフライを捕球する際に左手首を骨折、そのまま退場となった。

連続試合出場の規定では一イニングは最低でも守らないといけないことからこの記録はストップした。

松井秀喜 僕には夢がある





◇ 連続試合出場の記録
連続試合出場を記録するためには、以下のどちらかの条件が必要。
・少なくとも自チームのあるイニングの守備(回の初めから終りまで)に出場する。
・塁に出るかアウトになって打撃を完了する。


代走として出場しただけ、偵察要員として先発出場選手登録されていただけ、守備についたが、1イニング守っていない場合連続試合出場記録は更新できない。

プジョーも当たる




posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 11:52| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

オリックス清原、復帰時期を書くメディアは全てデタラメ

オリックス清原和博が吠えた。

復帰時期には「そういうのを設定してやると、体の無理もある。自分の体と相談して、完全に治ってゲームに出る」と慎重。「いついつまでに復帰と言える段階ではないし、言いたくもない」と続け、最後には「復帰はいつと書いた記事は全てでたらめ」と言い放った。

それを受けてどうかは定かではないが、日刊スポーツは「清原阪神戦に復帰照準」という記事を出してきた。

清原の言い分からするとこの記事はデマになるのだが。果たして


おうワイや!番長日記


posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 17:01| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

テレビ出過ぎの村主章枝とアマ引退の荒川静香

最近バラエティーを中心にテレビに出過ぎていると悪評が高くなった村主章枝選手。ある程度はやむを得ないのだが、メダリストでもない選手にしては出演番組の数が尋常でない。

スポーツに関する内容であるならばともかくとして、普通のクイズ番組などにも多数出演しており、金メダリストであれば世界一ですごいと扱いやすいかったり、そうでなくても日本でNO.1というのであれば司会者も話しやすいが、世界一でなければ日本でNO.1でもなく正直どう扱っていいのかが司会者がすごく悩んでいる感がひしひしと伝わってくる。

所属のエイベックスの意向だとは思われるがちょっと度が過ぎている。


さて、アマチュア引退を宣言し、プロへ転向した荒川静香選手だが、これは当然だ。もう一度やって世界一になれる可能性が限りなく低いことは本人が一番良くわかっているし、第一もう一度世界一になってももう日本人は喜ばないし、プロという道がある以上、柔道のように再び世界一を目指す必要もない。逆に大会の出場して二位以下になったときの落胆の方が大きい。

日本人唯一のフィギュアスケートのオリンピック金メダリストの称号を持っている以上プロでおいしい生活がまっているのだから。

荒川静香/Moment ―Beautiful skating―


posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 11:48| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

番長清原、死球受けたらそいつを倒すと暴言

オリックスの番長こと清原和博内野手は日本ハムのダルビッシュ有投手から死球を受けたことに関連し、「故意であろうとなかろうと、今度そういう(死球を受ける)ことがあれば、命をかけてマウンドに走って行き、そいつを倒したい」と暴言を吐いた。

元々セリーグにいたときも元阪神の薮投手とやりあっていたことはとても有名だ。別に頭部付近にボールがきたわけでもなく、明らかに故意でもなく、自分がボールを避ける技術が低いことを棚に上げての台詞でなんとも自分勝手だ。

いまのところ発言だけだが、この発言の通りに故意でない投手に対してもマウンドに駆け上って行くようならばそれこそ今シーズンの出場停止などそれ相応の制裁を加えないとコミッショナーもなめられることになり、悪しき前例を作ることになる。

このように威圧だけでのさばる選手は早く引退したほうが良い。

事実、清原のいなくなった巨人は絶好調。逆清原効果が出まくっている。



おうワイや!清原和博番長日記―1997|05→2003|05



posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 17:01| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

SHINJO(新庄剛志)二度目の引退撤回なるか

北海道日本ハムファイターズのSHINJOこと新庄剛志選手がインタービューで異例の開幕間もない時期の「引退宣言」をしたが、これが初めての引退宣言ではない。

阪神時代の1995年、契約更改の席で引退を宣言し、記者に理由を聞かれると
「野球のセンスのないから」と話していた。

しかし、まだ当時23歳だったこともあり周囲に慰留され、2日後に引退撤回とともに契約更改し、お騒がせ料の罰金100万円を払い現役続行をしている。

後に、引退を宣言した本当の理由が首脳陣とのあつれきだったことを告白し、そのうっぷんを晴らすかのごとく、2000年にメジャーリーグに挑戦。ここからは野球を見ないお年寄りでも有名なSHINJOになり、今に至っている。

野球は守備よりも打撃が重視されることから打撃にやや難のあるSHINJO選手は実力からするとそれほど価値のある選手ではない。実際のところオリンピックやWBCの日本代表に選ばれることはなかった。

ただ、記憶に残る選手、集客能力のある選手としては球界でも群を抜いており引退による北海道日本ハムファイターズの損失は大きい。SHINJOのタレントの価値はスポンサーの多さから見ても分かるようにプロ野球選手よりも芸能人になった方が高く、給与も高くなるのはほぼ間違いない。

34歳と言う年齢から考えるとこれからさらに技術、体力が向上していく可能性も低く、今の自分のタレントとしての市場価値を考えると彼にとってマイナスな面はあまりない。逆に引退を伸ばすことでタレントとしての価値が下がるほうが彼には多大な損失となる。

コーチ業など野球に関わるオファーも派手な彼には正直適切とは感じられない。

やはり、引退するほうがSHINJOにとってよいことなのかもしれない。

Shinjo

【 SHINJO(新庄剛志) 】2006年カレンダー CL-245 \1970【お買得・送料含】

書籍に関してはこちら




posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 17:02| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

ジャンクスポーツビキニの浅尾美和で視聴率稼ぎ

ジャンクスポーツ(日曜夜7-9時 司会 ダウンタウン浜田雅功 内田恭子アナウンサー)でプロビーチバレーボールプレーヤーの浅尾美和がビキニ姿でビーチバレーをし、大幅に視聴率を上げた。

通常女性がビキニ姿になるのは青少年の育成を考慮し、夜遅い時間にするものなのだが、あくまでもビーチバレーというスポーツをしているという想定のため約20分以上続いた。

その想定を満たすため室内に大量の砂を持ち込み特設会場を設置するなどフジテレビ側もビキニがおかしく映らないように考慮した。

司会の浜田も6年間で一番テンションが上がったと言わしめる内容。なぜなら、浅尾美和選手はアスリートの中でも美人といわれているからだ。

そして美人がこんなにも長くゴールデンタイムでビキニ姿を披露し続けるのは昔あった芸能人水泳大会以来だろう。





浅尾美和画像
posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 17:17| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

阪神 金本知憲 世界新記録樹立 今後の課題

阪神タイガースのアニキこと金本知憲選手(38)が9日、フルイニング連続試合出場を904試合続ける世界記録を樹立した。これは米大リーグにおけるカル・リプケンJrの記録を上回ってのもの。

選手フラッグ(金本)


今後の問題は年齢や調子によるスランプ時に球団がどう対処するかということ。今は絶好調なので問題ないが、記録を追い求めるために無理にでも出場させ続けるのか。その点が注目される。

阪神タイガース公式イヤーブック 2006 (2006)




posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 17:32| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

選抜は横浜21-0で制する

第78回選抜高校野球大会最終日は4日、甲子園球場で決勝戦を行い、横浜(神奈川)が清峰(長崎)に21−0の大差で圧勝し、8年ぶり3度目の優勝を果たした。決勝戦での21得点、21点差とも、史上最多記録。横浜の優勝は、現プロ野球西武の松坂大輔投手(妻は元日本テレビアナウンサー柴田倫世)を擁した第70回以来となった。


怪物たちの世代
Daisuke PHOTO‐JACKED―写真集松坂大輔 20歳への700日




posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 17:03| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

女子世界フィギュアで新星現る!!

フィギュアスケート世界選手権(通称 世界フィギュア)最終日はカルガリーで女子のフリーが行われ、トリノ五輪6位の16歳、キミー・マイズナー(アメリカ)が優勝した。

村主章枝(avex)は2位、初出場の中野友加里(早大)は5位だった。

また、SPまで首位につけたトリノ五輪銀のサーシャ・コーエン(アメリカ)は3位だった。

今回、最も印象に残ったのは優勝したキミー・マイズナー(アメリカ)だった。冒頭、トリプルルッツートリプルトウループ、トリプルフリップートリプルトウループと女子ではかなり難易度の高いコンビネーションジャンプを成功させ、レベルの高さを感じさせる演技。

解説の二人(八木沼純子、本田武史)も最初は将来が楽しみですねと余裕のコメントだったが、全くのノーミスの演技に徐々に慌て始める。

最後のダブルアクセルーダブルトウループーダブルループのコンビネーションでは多少よろけるものの観客からはスタンディングオベーション。

オリンピック金メダルのサラヒューズを思い出させる抜群の出来だった。

ワールド・フィギュアスケート 22号 トリノ五輪総特集



たらればだが、今回の演技をトリノオリンピックで演じていたならば間違いなく16歳キミー・マイズナーは荒川静香を超えていただろう。当然、プレッシャーがあるので実際は5位だった訳ではあるが。

マスコミはあまり伝えないがは次回のバンクーバーオリンピックに浅田真央の本当のライバルが出現した。韓国のキム・ヨナはマスコミが騒ぐほど現時点では大した選手ではない。


 
posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 19:12| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

女子世界フィギュアスケートSP結果

フィギュアスケートの世界選手権のSP結果

トリノ五輪銀メダルの妖精サーシャ・コーエン(米国)がほぼノーミスの演技でSPトップとなり、2位にトリノ五輪4位の村主章枝、4位にミスドンキホーテこと中野友加里(早大)がつけている。








posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 15:06| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

イチロー、上原とじゃれあい、それともマジ切れ

WBC(ワールドベースボールクラシック)の優勝祝勝会のシャンパンファイト以降は
イチロー選手(マリナーズ)と上原浩治投手(巨人)の話で持ちきりだ。

我慢
我慢
posted with amazlet on 06.03.23
上原 浩治
ぴあ (2005/03)
売り上げランキング: 159,777





祝勝会




まず、上原がシャンパンを口に含み、たまたまそばに居た松坂大輔(西武)の顔面目がけて噴射。

上原の方が年上であり、祝いの会ということもあり松坂は「すると思った。」とちょっと嫌そうなそしてうれしいような複雑な表情。

これに気をよくしてイチローの元にいくも当然ながら記者のインタビュー攻勢でイチローとは話せない。

そこで、イチローの背後で「イチロー、イチロー」と呼び捨てのイチローコールをしながら逃げさる。

これにイチローは「お前ら、もっと先輩を敬えよ! 本当にふざけた野郎たちだ!!」と言って走って追いかける。

さらにこれでは飽き足らない上原、またもやインタビュー中のイチローの背後に詰め寄りイチローの背中目がけて口に含んだシャンパン噴射。さすがに顔面にはしなかったようだ。

これにイチローがまたしても上原に対して「お前は人間的に問題がある!」と言い放つ。


祝勝会の次の日



イチローのコメント
「上原みたいな本当に失礼なヤツもいたけど、こんないい仲間と一緒にプレーさせていただいて感謝しています。できることなら、このメンバーでメジャーリーグを戦ってみたいです。」

上原のコメント
「僕がこのチームを引っ張ってきたわけですが。」

ここで、すかさず上原の前に座っていたイチローからそれは本当は俺のセリフといわんばかりのパンチが入る。

上原「確かに失礼なことはしましたけど、チームが一丸となるためにやらせていただきました。」

イチロー「必要ないだろ。何であれが必要なんだ、お前!」

場内大爆笑。



帰りの空港



イチローと大塚が監督、選手らチームジャパンを見送り

最後にイチローと上原ががっちり握手。カメラマンが寄ってきてもう一度御願いします。

上原「この写真、後でくださいね。引き伸ばして。」


イチローUSA語録



posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 17:20| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WBC凱旋帰国で王監督、金メダリスト名間違える

WBCで優勝を果たした王監督が記者会見に望んでこう話した。

「オリンピックの安藤選手のときのような空港での歓迎」

まあ、確かに安藤美姫のコアなファンには帰ってくるだけで大歓迎かもしれないが、安藤選手(安藤美姫)ではなく、荒川選手(荒川静香)ですね。

頭が「あ」で始まるのと4文字というのは確かに同じですが、間違えられた二人とも非常に気まずい感じでしょう。

また、この間違いを訂正する人もいなければ、この映像を何度も流すマスコミもどうだか。




王貞治の「勝つための変身」―巨人システムからの離脱
永谷 脩
光文社 (2001/06)
売り上げランキング: 352,558







posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 15:03| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

WBC総括、審判、選手課題はたくさん

WBC(ワールドベースボースクラシック)は王ジャパンこと日本が世界一に、MVPに松坂大輔(西武ライオンズ)が選ばれたが、いろいろと問題が残った。






問題点



審判のレベルの低さ
メジャーリーグの審判団の報酬が高すぎるためマイナーリーグの審判(ボブ・デービットソン審判員など)を使わざるを得ませんでした。

第三国の審判を使わないこと
アメリカVS日本の試合にアメリカ人が審判をする常識では有り得ない世界大会となりました。

トーナメントの組み方
決勝でなら仕方がないものの、その前の段階にもかかわらず同じ対戦カード(日本VS韓国)が三回も組まれている異例の組み合わせでした。

以上全てアメリカを世界一にすべく、アメリカのための大会に仕上がっていたのが問題です。

それにしてもアメリカは個々の能力を合計していくと間違いなく世界一のはずなのになぜかチームになると負けてしまいます。
これは野球に限らずバスケットボール、アイスホッケーも然りです。

審判は見た!
審判は見た!
posted with amazlet on 06.03.21
織田 淳太郎
新潮社 (2003/08)
売り上げランキング: 115,622
おすすめ度の平均: 5
5 因果な職業
5 なぜ審判にまつわるトラブルはなくならないか?







立場逆転


今回の大会で大きく取り上げられたのは日本のためにプレーするイチロー選手(シアトルマリナーズ)でした。これまでどんなにすごい成績を残してもマスコミでの対応が冷たすぎる、個人主義だと言われてきましたが、今回の大会前からドラマ出演するなどイメージが少しずつ変わり、今回の大会で完全にイメージが一新されたでしょう。

それに比べ松井秀喜選手(ニューヨークヤンキース)は今回の大会不参加で一気にイメージダウン。恐らくヤンキースサイドの方針に反対できなかったことが本音とは思われますが、イチロー選手とのあまりの違いが鮮明になってしまいました。

また、普通に考えると日本代表のレギュラークラスの城島健司捕手(シアトルマリナーズ)、井口資仁選手(シカゴホワイトソックス)らも不参加。

城島捕手に関してはマリナーズの新人ということでチームメイトとに慣れる必要があり仕方がない点もありましたが、井口選手はやはりチームからの不参加を促されたのでしょうか。井口選手のイメージダウンも確実です。

松井秀喜 大リーグの真実
松井 秀喜
朝日新聞社 (2005/04)
売り上げランキング: 83,236







不用意な発言


イチロー選手の「今後30年は日本に勝ち目がないと思わせる戦いをする。」という発言は昔の近鉄の加藤投手の巨人に対する発言を彷彿させました。

近鉄加藤投手の発言とは日本シリーズ近鉄VS巨人で近鉄がシリーズ成績3-0とリードした直後のヒーローインタビューでの一言

「(当時セリーグ優勝の)巨人は(当時パリーグダントツ最下位の)ロッテより弱い」この発言に奮起した巨人は奇跡の大逆転でシリーズ成績4-3で逆転勝利しています。

もし、韓国に負けていたらイチロー選手への非難が大きかったでしょう。

イチローの謎
イチローの謎




韓国、アメの放出


韓国代表選手の中には今回の大会で好成績を残せば約2年の兵役を免除されるというアメがぶらさがっていました。韓国政府が兵役免除決定のアメを渡した次の試合で韓国は敗退しました。もし、これがベスト4ではなく、優勝という条件なら準決勝の日本戦のモチベーションは大きく違っていたでしょうし、違う結果だったのかもしれません。








[政治&芸能ニュース]杉村太蔵議員と噂になった秘書の実名発覚

posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 19:52| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

WBC、王JAPAN世界一も課題は多い

WBC、日本VSキューバーは10―6で日本が勝ち、王JAPANが世界一に輝きました。

但し、アメリカ主導の方式、リーグ戦1勝2敗で負け越し通算でも3敗もした日本が世界一はおかしい(韓国サイド談)、レベルの低い偏った審判団(ボブデービットソン審判員)など課題が多い大会となりました。



posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 15:07| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

WBC、王采配は本当にこれで良かったのか

WBC(ワールドベースボールクラシック) 準決勝 日本VS韓国戦 7回無死から4番松中(ソフトバンク)のツーベースでノーアウト二塁、ここでバッター多村(横浜)、ここで王監督はバントを命じ、結局スリーバント失敗。この後代打福留(中日)のツーランホームランが出て、勝利を決定的にする。

だが、無死二塁で本当にあれでよかったのかはほとんど誰も何も言わなかったが、もし、日本が負けていれば確実に話題になっていただろう。

終盤7回で1点取ればほぼ勝ちが見えてくるケース。

松中に代走金城(横浜)、多村に代打でバントの名手宮本(ヤクルト)という選択肢はなかったのか。通常のペナントレースであればなかなか4番は変えられないが、メンバーは日本代表の選りすぐり。

松中には劣るが、チームで4番を打てる選手が控えにいる。例えば和田(西武)。多村にしてもダブルプレーのある無死一塁ならともかく無死二塁でバントを命じられる選手であれば別に変えても差し支えないだろう。




勝ったからよかったものの、負けていたら確実にこの王采配のミスは大々的に取り上げられていただろう。

福留が王監督を救った形となった。



posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 14:12| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

WBC大誤審のボブ・デービッドソン審判員をなぜ解雇しない?

メキシコのアシストでWBC準決勝進出した王ジャパンだが、二度にわたる大誤審をしたボブ・デービッドソン審判員が再び審判をするという。

一度目は日本VSアメリカ戦で日本の犠牲フライを西岡の帰塁が早かったとジャッジしアウト、二度目はメキシコVSアメリカ戦でメキシコのポール直撃ホームランを二塁打とジャッジ。




いずれもアメリカに有利に働くミスジャッジ又は誤審というよりかは八百長審をしている。

それにしてもこの大会の審判の選定は非常に不思議だ。

世界大会で二つのチームの戦うAvsBの試合ではCの国が審判をするのは当たり前だ。例 日本VSアメリカではイタリア人が審判をする。

競技者と審判が同じ国が認められるのは採点競技(フィギュアスケートなど)でそれでも得点の上と下は切り取られるのが常識で極力同じ国をひいきにしないような工夫がされている。

ワールドカップのサッカーの場合は誤審をした審判は試合後協議され、最悪の場合は強制帰国させられるシステムになっており、毎回何人かはその対象になっている。

それに引き換えこのWBCはアメリカ戦でアメリカ人が主審をすれば、誤審があっても
そのまま審判を継続する、とこの大会の組織が全く機能していない。

こんな大会が2009年にまた開かれてもよいのだろうか。

プロ野球 審判だからわかること―今だから話せるあの監督・選手この試合
田中 俊幸
草思社 (2004/09)
売り上げランキング: 122,698
おすすめ度の平均: 4.5
4 誤審を防止するためのビデオ再生と線審の復活についてはどうなのだろうか
5 キャッチャーの後ろから見た野球








ボブ・デービッドソン審判員と言えば

王ジャパン ワールドベースボールクラシック 米国 日本 本戦 3度 大誤審 球審 韓国戦 予定 務める 犯した 対決 分かった WBC 準決勝進出 メキシコ 決めた 敗戦 リーグ 失点率 上回り 19日 18日 メキシコ戦 判定 本塁打 有利 打球 物議 ミスジャッジ 醸した 右翼ポール直撃 同審判員 誤審 対応 注目 早かった 日本側 米国相手 タッチアップ 二塁打 塁 サンケイスポーツ 勝ち越し 審判 正直 知った 点

posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 19:36| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

WBC、メキシコ勝利で日本準決勝進出は本当に朗報か?

WBC(ワールドベースボールクラシック)の2次リーグのアメリカVSメキシコは予想に反してメキシコが勝利した。

元来、メキシコ自身にも準決勝進出の可能性があり、0-0で延長に突入が最低条件だったにもかかわらず、3回に先制点を挙げ自ら準決勝進出を絶つという荒業!?を披露。多分、数学の計算がメキシコ側で理解できている人がいなかったのだろう。そしてさらに追いつかれたあと再度逆転。

さらに失点率の差で日本がたなぼたの準決勝進出となったのだが、喜んでばかりもいられない。

準決勝は二連敗中の韓国。

仮に準決勝の韓国戦に日本が勝っても今大会の通算成績は韓国の2勝1敗で韓国のリードとなり、韓国は自信をもって帰国できることから気分的に有利に試合できる。

一方、日本は二連敗中でここで負ければ末代までの恥を背負うことになる大きなプレッシャーを担いで戦わないといけない。ただでさえ二連敗中の韓国相手にさらにプレッシャーまで背負ってまともに戦えるのかが心配だ。


イチローイズム―僕が考えたこと、感じたこと、信じること


天才イチローをして「野球人生で最も屈辱的な日」と言わしめた韓国戦。
いっそのことアメリカに勝ってもらった方が恥の上塗りは避けられたという事態だけはないように願いたい。

もう決勝にいけたとしても勝たなくていいからなんとしてでも韓国戦だけには勝ってもらわないと日本国民は納得できないところまできている。







[ニュース]杉村太蔵議員と二股の噂になった秘書の実名と画像発覚
posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 17:03| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

WBC日本、韓国に敗北では話にならない

WBC(ワールドベースボールクラシック)で日本は韓国に敗北した。アメリカ戦の犠牲フライのミスジャッジなどはもはや言い訳にしかならない。なぜなら韓国に2点差つけて勝てばいいだけなのだから。

あとはメキシコに期待するしかないが、どう考えてもアメリカに分があるし、他力本願では厳しすぎる。

それにしても二回連続韓国に敗北でもうモチベーションが足りなかったからとかまぐれだとかは言えなくなってしまった。もはや、韓国>日本になりさがってしまった。後世への恥さらしかもしれない。

メジャーリーグ『ICHIRO(B)』写真ポスター




関連サイト
日本が準決勝に進める詳細な条件








「芸能ニュース」アヤパン高島彩アナ、番組内パンチラでのパンツの色を自ら告白


posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 17:04| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

WBC、日本メキシコに快勝、準決勝進出への詳細な条件



自動車保険の見積もりを取るだけでお金(金券)が本当にもらえます



日本がメキシコに勝利し、2次リーグの成績を1勝1敗とした。これで韓国2勝、アメリカ1勝1敗、メキシコ2敗となった。

準決勝進出は上位2チームのため日本が準決勝に進出する条件は大きく分けて二つある。

a)日本が韓国に勝ち、アメリカがメキシコに勝つ場合でメキシコ以外の3チームが2勝1敗で並ぶ場合。(メキシコのみ敗退決定)
b)韓国が日本に勝ち、メキシコがアメリカに勝つ場合で韓国以外の3チームが1勝2敗で並ぶ場合。(韓国のみ準決勝進出決定)

勝利数が同じ場合、当該チーム同士( a)の場合だと日本、韓国、アメリカ)での直接対決で失点率の少なかったチームが進出となる。失点率というのは延長戦も考慮という意味なので9回で終われば失点合計と考えればよい。さらに失点率が同じ場合自責点率、それでも決まらないと高打率のチーム、さらにくじ引きという順番となっている。


さて、詳細で見てみよう。
a)の場合、メキシコ戦は関係なくなるので失点はそれぞれ
日本 4+韓国戦での失点(3/16)
韓国 3+日本戦での失点(3/16)
アメリカ 10(これ以上失点は増えない)


アメリカの失点が10のため2位以上になるにはアメリカに直接対決で勝っているのでアメリカの失点と同じ6までの失点か韓国の失点を下回る、つまり2点差以上つけて勝つということになる。

詳細は日本が勝った場合で
日本の失点6点以下 日本、韓国が進出 (7-6,6-5,4-3で勝利など)
日本の失点7点以上かつ1点差 韓国、アメリカが進出(8-7,9-8,10-9で勝利など)
日本の失点7点以上かつ2点差以上 日本 アメリカが進出(9-7,10-8,11-9で勝利など)




武蔵とイチロー


b)の場合、韓国戦は関係なくなるので失点はそれぞれ
日本 5(これ以上失点は増えない)
メキシコ 6+アメリカ戦での失点(3/17)
アメリカ 3+メキシコ戦での失点(3/17)

メキシコは日本よりも既に失点が多いため普通にやっていては準決勝進出できない。そういう理由でメキシコはどう転んでも無理と記載しているところもあるようだが、実はないわけではない。失点率を下げるために強引に延長戦に突入させるという方法があるからだ。

さらに規定で延長は最大14回までのためそこまでに決めないといけないことから0-0で延長戦に突入し、かつ延長13回、もしくは14回に3点差以上かつアメリカを0点に抑えて勝たないといけない。つまりアメリカに1点取られるか、又は延長に行く前もしくは延長12回までにメキシコが得点した時点でメキシコの2次リーグでの敗退は決定する。


よって、メキシコの選手がルールを理解していなければいきなり先取点を挙げて自力で2次リーグ敗退を決めてしまう場合もありうるわけで、そうなったら目も当てられない。


また、アメリカは既に失点3のため失点を2以内にしないといけないことは容易にわかるだろうが、自責点の兼ね合いからアメリカは失点を1以内にしないといけないのだ。

日本側からすればメキシコが勝つという条件かつアメリカが2失点、メキシコが1失点で準決勝進出が決まるが、b)の場合は実力的見て難しい。




荒川静香選手、オリンピック前の世界大会のエキシビジョン中で衣装がほどけて胸が見えてしまいましたが、今となってはマスコミ規制で触れてはいけない話題となりました。


その画像は以下にとびどこかをクリックするとつながるかも
画像
posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 16:15| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事のトラックバックURL http://blog.seesaa.jp/tb/5301329
ブログログ〜話題のことがらについてTOPに戻る
トラックバックの内容を見る