2007年06月04日

「ナノ世界」

物質が変化する際には、中間の状態が存在します。生命の死においても、生命が分解され、微粒子を経て、最終的に単一の原子(分子)になる過程で、中間の状態が存在します。

そして、粒子が単一の原子(分子)に分解されるまで、量子の法則に従ってさまよいながら変化していく中間の世界のことを「ナノ世界」といいます。この「ナノ世界」では、微粒な生命種は、密度が増加すれば可逆的に物質界に戻ることがあり、これを輪廻転生と捉える考え方もあるようです。

ナノ物語〜宇宙と生命のファンタジー」は、最愛の娘を亡くした主人公が、「ナノ世界」で娘と再会を果たす物語です。生命の死後は、自我がなく煩悩のようなナノ生命体となり、お互いに意識、感情を共有し合い、自身にとって最も環境が近い「ナノ世界」の空間をさまよいながら、旅を続けていきます。

主人公が「ナノ世界」で最愛の娘と出遭ったときの想いとは?工学博士でもある筆者が考える輪廻転生のメカニズムとは?「ナノ物語〜宇宙と生命のファンタジー」は、科学や神秘に興味のある方に最適なファンタジーあふれる物語です。


posted by ブログ、あいのり、お宝画像、壁紙 at 07:36| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事のトラックバックURL http://blog.seesaa.jp/tb/5301329
ブログログ〜話題のことがらについてTOPに戻る
トラックバックの内容を見る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。