2005年05月06日

列車事故後のマスコミのニュース報道に関して

JR福知山線の脱線事故後、列車関連のニュースがマスコミを賑わせています。大部分は脱線事故がなければ扱われなかった、あるいは扱われても短い時間かローカールニュース程度でしか扱わないであろうニュースです。

脱線事故の背景として時間に遅れた場合に行われる日勤教育という制裁を受けたくないようにしなければというプレッシャーを運転士が受けていたことが要因の一つではないかと言われています。

そのため人命に関わらないものは大目に見ようという風潮になってきている気がするのですが、現在のマスコミの対応ではほんの些細なことですら、大きなニュースにしており、JRの上司ではないところからさえも運転士にプレッシャーをかけているように感じます。

ドア開閉し忘れただの、時間に遅れただの、オーバーランしたのだの、人が死傷してないことにうだうだ言いすぎです。

マスコミはいったいどうしたいのか、死傷事故をさらに誘発させることで、JRに制裁を加えたいのか、それともJRの腐敗体制にメスを入れたいのか、後者であるならば些細なことを大きなニュースにする運転士いじめはやめていただきたいと思うのですが、どうでしょうか。

まあ、正直言うとこんなことでプレッシャーを受ける運転士は本来であれば運転士失格なわけでこういう人は楽天仕事市場を覗いてみてはどうでしょうとも思うのですが。



関連書籍
17歳のテンカウント―日比谷線脱線衝突事故で逝った麻布高生・富久信介の生涯
定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか?
なぜ起こる鉄道事故
鉄道重大事故の歴史
列車ダイヤのひみつ―定時運行のしくみ
鉄道事故の再発防止を求めて―日米英の事故調査制度の研究
検証信楽列車事故―鉄路安全への教訓
信楽高原鉄道事故
心の補償―高知学芸高校上海列車事故



posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 21:21| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。