2005年04月01日

民主党「郵政法案賛成の代わりに総辞職&国会解散要求」

民主党から「郵政法案を賛成する代わりとして小泉首相の総辞職及び国会の解散」を提示するといったいわゆる取引が水面下で進められていることが分かった。

民主党から自民党に出された要求は関係者によると
1.郵政法案に民主、社民が協力して賛成する。
2.現在の内容に修正は一切求めない。
3.これに賛成しない民主、社民党議員の造反者は除名以上の処分する

これら3点が達成され、法案が成立したあかつきには
1.内閣を総辞職する
2.国会を解散し、総選挙を行う
3.万が一自民党が勝利したとしても小泉首相は今後10年間は内閣総理大臣及び国務大臣の職に就かない

というものだ。

小泉首相にとっては自民の反対が多いことを考慮するとこの案にのるかどうか非常に頭を悩ます取引となった。この件に関して自民、民主両党ともに完全否定している。

尚、この内容は4/1エイプリルフールに書かれた内容である点をご考慮ください。


決戦・郵政民営化
決戦・郵政民営化
posted with amazlet at 05.03.31
猪瀬 直樹
PHP研究所 (2005/02/24)
売り上げランキング: 5,030
通常24時間以内に発送




ブログログ〜話題のことがらについてTOPに戻る

エイプリルフールならではの嘘記事特集
posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 07:39| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事のトラックバックURL http://blog.seesaa.jp/tb/5301329
ブログログ〜話題のことがらについてTOPに戻る
トラックバックの内容を見る