2005年02月25日

ニッポン放送がフジに新株予約権発行でライブドアは仮処分申請の意味

前半ライブドアとフジテレビの抗争、後半あびる優の話です。

実際に新株予約権を持った経験のある私が解説しましょう。
 フジテレビとライブドアが繰り広げているニッポン放送
株式の“争奪戦”を巡り、ニッポン放送が、フジテレビジョン
に対し大量の新株を取得できる権利(新株予約権)の発行
を決めました。
新株予約権(ストックオプション)はあくまでも権利で、
選挙権と同じように実行しなければ意味はなさないもの。
通常はある価格で購入できるという権利を少数の人に
出すので業績が上がり株価が上がった時点で権利を行使し、
購入、即売却すれば利益は出るし、株価にも大きな影響
を与えません。
しかし、今回のケースはまるで違い、最初から株数を
大量に増加させる目的なので一般の株主にとっては全く
メリットなしです。
 それも理由に追加できることを活かし、
ライブドアは新株予約権発行の差し止めの仮処分
を東京地裁に申請しました。
 ニッポン放送株にとっては、
「大量の新株が発行されれば、すでに発行している同社株の
価値が低くなる」ということで株価は下落するでしょう。
 フジテレビの株にとっては「ニッポン放送の大量の新株発行
を引き受ければ、買い取り負担が増し、財務体質が悪化する」
ということでこれも株価は下落するでしょう。
 一方、ライブドアの株価は、フジテレビが新株予約権を
行使すれば、ニッポン放送株の過半数取得は難しくなるため、
「ライブドアが取得に充てた投資が無駄になりかねない」
さらにはライブドアがリーマン・ブラザーズ証券を
引受先として発行するMSCB
(転換価格の修正条項付き転換社債型新株予約権付社債)
が株式に転換され、今後、市場で売却されれば
こちらも株価は下落するでしょうね。
注意として一日だけの上下を言っているのではないです。
今後の展開として言っています。

よって、ホリエモンこと堀江貴文社長の道楽に付き合わされて
みんな迷惑を受けた(もちろん堀江氏自身も)ということです。
では得したのは、それはリーマン・ブラザーズ。
ライブドアから借りた株をバンバン空売りしてMSCBのメリットを
大いに受けて大儲けです。
結局想定の範囲内らしいですが、差し止めの仮処分が認めら
れなければライブドアも外資にうまくはめられた形になりますね。

あと、出演自粛中の窃盗団ことあびる優がなぜかTBS
に出てました。テロップつきではありますが、かえって
18歳のタレントの正体が分かってしまうという皮肉も
ありましたが。
posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 07:21| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする