2006年06月13日

W杯日本代表、暑さに集中力切れ、敗れる

W杯2006ドイツ大会予選F組初戦オーストラリアと対戦した日本は暑さの前に集中力を切らしてしまい、1-3で敗戦した。

前半、キーパーチャージぎみの際どい判定ながらも中村俊輔のクロスが直接ゴールに入りリード。再三に渡るGK川口の攻守や、DF宮本、中澤の献身的なディフェンスもむなしく試合終了間際ロングスローから失点してしまう。その後は暑さによる疲労困憊と同点に追いつかれたショックが癒えず、連続失点。まさかの2点以上をつけられた敗戦となった。

同組で最も格下と思われていたオーストラリアに敗戦したことで、まだ一戦目を終えたばかりだが、予選敗退が濃厚となった。








posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 11:45| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。