2009年12月04日

ドカベンの名言

ドカベンでの名言

「返る岩鬼が返す岩鬼に、返す山田が返る山田になる。これで明訓も終わりだ。」

適材適所を誤ると十分な才能も全く発揮できないとの意味。



試合前に対戦チームの弁慶高校のエース義経が初球『ど真ん中ストレート』 を宣言。

これまでは足の遅い山田が4番、足の速い岩鬼が1番だったのだが、悪球打ちが得意の岩鬼はど真ん中のストレートは空振りする特徴がある。

そこで明訓の監督土井垣は1番と4番の打順を入れ替える。


そして初球 『ど真ん中ストレート』 を1番山田は見事にホームラン。早々と先制点を挙げるのだが、これは弁慶高校の罠だった。

その後山田が出塁、岩鬼がタイムリーヒットを打ったと思いきや、山田はホームに帰ってこられない。

足の遅い山田が1番、足の速い岩鬼が4番になることで明訓は敗退することになる。
posted by ブログ、あいのり、お宝画像、壁紙 at 00:17| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事のトラックバックURL http://blog.seesaa.jp/tb/5301329
ブログログ〜話題のことがらについてTOPに戻る
トラックバックの内容を見る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。