2009年03月10日

WBC注文通りなのに韓国に惜敗

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)1次ラウンド決勝戦日本vs韓国。

既に2次ラウンド進出が決まっているので負けてもよい試合といえばそうなのだが、1−0の惜敗。その1点があまりにも情けない点の取られ方だった。

ピッチャー岩隈。決め球のシュートでバッターをぐいぐい追い込む。そのとき解説の古田氏が一言。「(サードの)村田君、もうちょっと三塁線を閉めておいた方がいいですね。さっきから岩隈君のいいシュートがいってますからね。」

これは野球の基本なのでもちろんだれもが分かっていて、ピッチャー岩隈、キャッチャー城島、サード村田、レフト青木もそれを待っていた。にも関わらず、サード村田がなぜか三塁線を破られてしまう。普通三塁線を破られた場合はレフトは、フェンスにボールがぶつかりクッションボールを処理するのが当たり前なのだが、フェンスに当たる前に打球を処理しているあたりを見ると青木も想定通りだったのが分かる。

打たれた岩隈は苦笑い。「おいおい、村田、取ってくれよ、予定通りなんだから」と言いたげな顔をしていた。

村田も無理に三塁線に寄らなくても守備範囲だと自分の中では思っていたのだろう。

城島もその位置なら取ってくれると思って守備位置の指示を出さなかったのだろう。

苦笑いしてしまう内容だった。

posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 21:48| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事のトラックバックURL http://blog.seesaa.jp/tb/5301329
ブログログ〜話題のことがらについてTOPに戻る
トラックバックの内容を見る