2005年12月12日

みずほ証券、ジェイコム株誤発注のマスコミが語らない本当の問題点

みずほ証券のジェイコム株の誤発注が話題となっている。

みずほ証券、東証ともに人為的なミス(ヒューマンエラー)と取り消せなかったシステム上のミスと発表しているが、本当の問題はそこではない。

本当は

ルール上できもしないはずのことができるようにしてあるのがおかしい


のだ。

株式投資をよく分からない人に説明しやすいように言うと、

Aさんは銀行に残高が1万円しかなく、定期やクレジットローンの契約もしていないのに間違って100万円と入力したら簡単に100万円引き出せた。ということなのだ。

これを読むとやっぱりシステムのミスじゃないかと思うかもしれないが、これは実は「意図的に出来るようになっているシステム」でこのようなことができるようにしているのが問題なのだ。

ちなみに次に同じ条件のBさんがやると「残高不足です。」と表示されるという不可解なことが起きる。

これはAさんが証券会社、Bさんが個人投資家を置き換えたもの。

つまり、証券会社だけができる裏技があるということが明白な証拠として現れたということなのだ。

今回はこのシステムが裏目に出た形となったが、通常は証券会社がこの裏技を利用して大もうけをしているということになる。

株式用語では空売り(信用売り)というのだが、ジェイコムはこの空売りができる貸借銘柄ではないため、空売りができない、つまり今回の注文自体ができないはずなのだ。(今回の件で証券会社だけはルールを無視してできるということが判ったのだが。)

テレビで個人投資家と名乗るおばさんが
「ど素人でも間違いないミス」と言っていたが、
誤りで正解は
「ど素人(一般人)ではどんなにやりたくてもやれないミス(残高不足と表示されるだけ)」なのだ。


ちなみに実験してみた。

ジェイコムは売買停止のため他の株で同じように1円61万株売りと入れてみたら、以下の表示が出て、注文を全く受け付けてもらえなかった。無視しようにも受け付けてくれないのだ。

「値幅制限を超えています。値幅制限内で価格をご入力ください。預り残高不足または入庫処理中等の為発注できません。預り証券、預り区分(特定口座開設者)、発注状況、入庫状況等を再度ご確認ください。」

だがみずほ証券の場合、このような警告が出るものの無視すれば発注できるというシステムにわざわざ作ってあるのだ。


マスコミはなぜ本当の問題点を隠し、小さな問題点(システムミスだの、人為的ミスのチェックが出来ていないなど)だけを指摘するのかが理解に苦しむ。

損失補てん規制Q&A

関連サイト
みずほ証券のジェイコム株誤発注を例えると
posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 11:48| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事のトラックバックURL http://blog.seesaa.jp/tb/5301329
ブログログ〜話題のことがらについてTOPに戻る
トラックバックの内容を見る