2009年06月29日

エイベックス株主限定ライヴ 2009

2009年エイベックス株主総会後に株主限定シークレットライヴが行われた。場所はさいたまスーパーアリーナ(JRさいたま新都心徒歩1分)

ライヴ参加者は以下の10組
7:30さいたまスーパーアリーナ着(既に大行列)
8:40開門 座席はB3-9列目。結構前の中央付近。最前列Aの1列目は徹夜組だそうで座席は早く来れば来るほど基本的に前の席に着ける。

11:00株主総会開始 質疑応答などは割愛。レベルの低い質問も多く、中には言いがかりの苦情もあり社長のMAX松浦も困惑気味な面もあり。

12:30株主総会終了(決議案は滞りなく承認)

13:30株主限定シークレットライブ開演(avex stock holder only secert live)

司会 牧野隆志(東京プリン)/渋谷亜希(32歳)




0.金田石城(書道家 68歳)「絆」の書画で幕開け。
0.石橋凌 つなぎのコメント役、わざわざ彼クラスが来ないと行けないのだろうか、とも思ったのだが。

ここからが本当のライヴスタート(出演者は登場のときに初めて分かるシークレットライヴ)

1.倖田來未

@Lick me(パチンコ倖田來未のテーマ) 
A走れ!
 このあとHEY×3(業界通称 ヘイ)に行ってくると言い残し、終了。本当なら大トリレベルの私が最初に歌ったのはヘイがあるからと言い訳しているようにも聞こえなくはなかったのだが。




2.GIRL NEXT DOOR <千紗(ボーカル)井上裕治(ギター)鈴木大輔(キーボード)>

@偶然の確率(デビュー曲)
AInfinity(インフィニティ)(アタシんちの男子テーマ曲)
エイベックス期待の超大型新人だけに予想通りの登場。MCはまだ慣れていない模様。

Infinity(DVD付)



3.alan(アラン)中国人女性歌手(21歳)

@久遠の川〜RED CLIFF 心・戦(レッドクリフ、しんせん)  
<映画『レッドクリフ Part I』全世界主題歌> 知名度が低いためか観客のスタンディングなし。また歌手の顔よりもレッドクリフの映像が大スクリーンに流れる。最近人気の中国人タレントローラチャン似のかなりのかわいい感じ。日本語がたどたどしく、たまに間違えるのがかえって好印象な雰囲気を出している。
A懐かしい未来 
<NHKエコプロジェクト「地球エコSAVE THE FUTURE2008」テーマ>





4.Elliott Yamin(エリオット・ヤミン)

@You Say(ユー セイ)
AOne Word(ワン ワールド)
BWAIT FOR YOU(ウエイト フォー ユー)

 結局彼のみ3曲歌うことになる。知名度が低く、彼も観客のスタンディングなし。その後、やはり彼のみ単独インタビューとなる。エイベックスは彼に力を入れたいのだろうか、それともAcid Black Cherryの準備のための時間稼ぎだったのか。




5.Acid Black Cherry(アシッド・ブラック・チェリー、Janne Da Arcのボーカリスト、yasuのソロプロジェクト)

@Black Cherry(ブラック チェリー)
A眠り姫
 彼もまた知名度が低く、観客のスタンディングなし。結局3/4/5番目の3組のみ観客のスタンディングがなかった。パンクロック系の彼らにとって座っている観客に歌う文化はないようで、1曲目と2曲目の途中のMCでちょっと戸惑っていると話す。また歌っているときのパンク系とは真逆の大人しく柔和なMCに、観客の反応が1曲目と2曲目ではがらっと変わる。ABCと覚えていただけると覚えていただきやすいとかなり低姿勢な感じが伺える。本当は観客にスタンディングして聞いて欲しかったんだよね。




ここまでで15:30になり、一旦休憩15分。トイレの絶対数が少なく、15分では足りない。

15:45再開

6.BLUE MAN GROUP(ブルーマングループ)

歌手ではなく、エンターティナー
太鼓パフォーマンス、楽器パフォーマンス、振り付けパフォーマンス(いずれも笑いを誘うもの)見たとおり三人共に顔が青い。
今回の株主総会で唯一単独で公演予定のパンフレットが入っており、資料をもらった時点で出演が想定された一組。




7.水谷豊

@カリフォルニアコネクション  <ドラマ『熱中時代・刑事編』主題歌>
Aやさしさ紙芝居<ドラマ『熱中時代(教師編II)』主題歌>

株主という特性上、高齢の人も多くおり、会場に来る前から私が最も出演確率が高いと思っていたが、的中。「熱中時代」は時代を感じるドラマ。
 相棒の右京役で再ブレイクした「ひとつ、よろしいですか?」を観客の前で披露。やさしさ紙芝居では曲中のコメントをエイベックスヴァージョンである「先生は今、エイベックスのシークレットコンサートに来ているんだよ。」に変更し、会場を沸かせた。また最近コンサートで何曲も歌うんだけど歌詞が飛んじゃうんですよ。でも今日は2曲だからなんとかなると言いながら、なぜか自分で受けて大笑い。





8.SEAMO(シーモ)

@ルパン ザ ファイヤー
AContinue(コンティニュー)
彼から後の3組は観客煽りが始まるが、ここは株主限定ライヴ。みんなが返答してくれる訳もなく、かなり静かな反応しかない。大御所水谷豊の後だけに緊張すると話す。笑っていいともばりのこれで最後ですに対して「えー」のコールを求めるも株主総会故、それほど大きなコールもなく、終了。




9.mihimaru GT(ミヒマル ジーティー)

@気分上々↑↑ 昨年に引き続きの登場。今年も気分上々をエイベックスが東証一部上場していることに掛けて、気分上々→一部上場バージョンで歌う。
ASwitch(スイッチ)2009年世界卓球テーマ 福原愛の練習風景から編み出した曲とのこと。

「今日は、みっくんがゲストに来てくれてます。」
「僕も、mihimaru GTですから。二人でmihimaru GT。」
決まり事のようだが、ギャグとしてどうだろうという気がしなくもない。





10.大塚愛

@プラネタリウム
Aバイバイ
 セッティングの準備中に大塚愛を予想したが、的中。ダンスのスペースがないためEXILEではないことが分かり、AYUの色でもない気がした。大物登場で一番会場が沸く。PEACHの方がもっと沸いたのではないかとも思うのだが。

1曲目と2曲目の途中のMCで私もエイベックスグループホールディングスの株主なんです。みなさんと一緒なんです。社長たちに頑張れよという意味で株をもらったんでと問題発言。本当だと不正贈与にも取られかねないのだが、彼女はよく株のことを理解していない模様。

2曲目終了後、彼女にアンコールを要求する独特の言い回しである「もう一回」コールが起きるも、アンコールはなく、終了。

その後司会の牧野隆志(東京プリン)が慌てて訂正コメント。「大塚愛の先ほどの発言はストックオプションの権利を会社より与えられたと申しているだけで決して社長に無償でもらったわけではありませんので誤解のないよう宜しくお願い致します。」普通に考えてそうじゃないと問題でしょうよ。


LOVE LETTER


このあと、司会より大塚愛が最終ライヴ出演者であることが判明。先に言えよという雰囲気もあったが、こればかりは仕方がない。大塚愛のライヴ前に彼女が最後の出演者との発言がなかったので、大塚愛の後に、浜崎あゆみ(2007年トリ) or EXILE(2008年トリ)の締めを期待した株主も多かっただろうと想像できる。実際、司会の一人が進行中に裏袖に急に戻るなど不自然さが残り、会場間に合わずドタキャンだったのだろうか。

終了時間は17:30

各社の報道ではトリの大塚愛はスルーで倖田來未のことばかり、大塚愛の心境は複雑では。
posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 00:29| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

来栖あつこの元彼テニスの王子出演俳優の実名

ミニスカポリスのリーダーでもあったタレント来栖あつこが週刊誌にこれまでの苦悩を激白した。

なかでも交際し、金銭を要求された俳優でもある年下の彼がいたと告白。


その相手はミュージカルテニスの王子に出演したいたという。


その俳優は
Takuya(22)

と言われている。
posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 14:04| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

日経MJ 2009年上期ヒット商品番付

<日経MJ 2009年上期ヒット商品番付>

東横綱 プリウス(トヨタ自動車)&インサイト(本田技研)
    (低価格ハイブリッドカー) 
西横綱 ファストファッション(H&M他) 
東大関 990円ジーンズ(g.u.)   
西大関 下取りセール(伊勢丹他)
東関脇 フリー(キリンビール)  
西関脇 節約弁当
東小結 オバマ米大統領
西小結 侍ジャパン(野球日本代表)

前頭 1Q84(村上春樹)     
前頭 蒸気レスIH炊飯器(三菱電機)
前頭 ハイボール(お酒の炭酸割り飲料)
前頭 ラン&バイク
前頭 ウォン旅行
前頭 ニンテンドーDSi(ゲーム機、任天堂)
前頭 ブローネ泡カラー(白髪染め、花王) 
前頭 クォーターバウンダー(巨大ハンバーガ、マクドナルド)
前頭 モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”(アトラクション、東京ディズニーランド)   
前頭 ピアンタ(耕運機、本田技研)
前頭 ベイブレード(タカラトミー) 
前頭 阿修羅(国宝阿修羅展)
前頭 ポメラ(デジタルメモ、キングジム)           
前頭 めざめるカラダ朝カレー(ハウス食品)
前頭 「愛」(直江兼続の兜、NHK大河ドラマ「天地人」)    前頭 レッドクリフ(映画、東宝)
前頭 日本鉄道旅行地図帳(新潮社)     
前頭 日清GoFan(日清食品)
前頭 フィッツ(ガム、ロッテ)          
前頭 VAIO type P(パソコン、ソニー)
前頭 トレンカ(つま先のないレギンス)          
前頭 sweet(月刊女性ファッション誌、宝島社)
前頭 勝間本           
前頭 もやし&ひき肉
前頭 オードリー(お笑い芸人)         
前頭 まきばの空(牛乳、森永乳業)
前頭 アウトレットマンション   
前頭 プラズマクラスターイオン発生機(シャープ)    
posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 00:39| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

プロレスラーの三沢光晴、リング上で死す

2代目タイガーマスクでもあるプロレス団体ノアの社長兼選手で人気レスラーの一人でもある三沢光晴選手が試合中にバックドロップを見舞い、そのまま帰らぬ人となった。

三沢はこの日、タッグマッチで潮崎豪と組んで、齋藤彰俊とバイソン・スミスと対戦した。

死神のニックネームを持つ齋藤彰俊からバックドロップを受け、そのまま動かなくなってしまった。

話題の齋藤彰俊とは


船出―三沢光晴自伝
ラベル:齋藤彰俊
posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 22:36| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事のトラックバックURL http://blog.seesaa.jp/tb/5301329
ブログログ〜話題のことがらについてTOPに戻る
トラックバックの内容を見る