2007年07月30日

参議院選挙結果予想との相違

選挙結果は基本的には予想通りでったが、以下選挙区では予想が外れた。

富山/石川/長崎で自民党が敗退
新潟で民主2議席独占と思っていたら民主/自民で分け合い。
東京で自民保坂勝利を予想していたが、自民丸川の勝利だった点。

あとは予想通りの結果だが、福井があそこまで接戦になるのも驚いた。

出口調査とのぶれは以下の通り
一番近かったのは日テレ

出口調査/自/民/公/社/共/国/他
日テレ/38/59/9/2/3/1/9
フジ/36/61/10/2/4/2/6
TBS/34/60/10/2/4/2/9
テレ朝/38/58/8/2/4/2/9
NHK/31-43/55-65/8-12/1-2/2-6/0-2/5-9
結果/37/60/9/2/3/2/8

posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 12:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

選挙セクハラ

普通60歳過ぎの汗まみれのおじいちゃんが見ず知らずの20歳前後の女性の手を後ろの死角から来て突然握るとわいせつな行為にあたるはずである。

だが、それが堂々と行われるときがある。選挙期間中だ。

ニュースで見ていたらモデル風の20前後の女性二人が歩いているところを背後から猛スピードで走ってきて突然握手する候補者がいた。握手された女性はかなり嫌がっていたが、候補者のたすきをしていたため仕方ないという様子だった。

でもこれを悪用する人がいないとも思えない。選挙期間中に候補者とはかかず、偽の名前を書いたたすきをしてきれいな女性に近づき手を握るというセクハラ、する人が出てきてもおかしくない。

画像
posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 08:16| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙1番ノリだけの特権に遭遇

2007/7/29本日朝7時ぴいたりに参議院議員選挙へ行ってきた。

7時のチャイムで選管一斉に全員が起立し、代表者が一言「7時になりましたので第21回参議院議員通常選挙を始めます。宜しく御願いします。」とあいさつ。

順番が2番目だったのでちょっと待っていてくださいと入り口の外に出される。1番のりの老人が選管の担当者と付き添いながら選挙箱の中身を確認する。いわゆる選挙箱の中に何も入っていないことの証明をさせるためだ。

うわさには聞いていたが実際に見て驚いた。箱が立っている状態で箱の中身を確認させるのかと思っていたら、よくよく考えると選挙箱の構造上開けたときには上部と側面の一面全体が空く仕組みになっているので箱は完全に床に寝ている状態で置かれていた。もちろん空になっていた。

でもこれはかなり意味がなくなっているのではないかと思った。今回の期日前投票者が1000万人有権者の20%を超えると見られている中で今日投票する投票箱が空でなかったとしても期日前用の別の投票箱から大量の投票用紙が入ってくるわけで期日前と扮して別の用紙を紛れ込ませれば意味が無くなる。期日前投票の票数が極めて少ないときには意味があった1番のりの確認もかなり意味がなくなってきたように思う。

画像

参議院なんかいらない
posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 07:51| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

2007年参議院議員選挙

投票前から既に当選者が決まっている選挙区

宮城/福島/茨城/長野/静岡/岐阜/兵庫/広島/福岡
上記2人区で自民/民主で一人づつ分け合う選挙区

岩手/山梨/山形/三重/滋賀/奈良
上記1人区で民主勝利の選挙区

山口/群馬/和歌山
上記1人区で自民勝利の選挙区


また、ニュースで盛んに国民新/共産が選挙区で1議席確保しそうといっているが、国民新は島根のことだと予想される。共産の一議席は京都or大阪or東京のどれか

注目の激戦区は
1人区
岡山 虎VS姫対決(参議院の重鎮自民片山虎之助と元県議 民主姫井由美子)
長崎(元国見高校サッカー部監督 自民小嶺忠敏と元県議 民主大久保潔重)
愛媛 (元Jリーガー無所属友近聡朗と自民現職関谷勝嗣)

新潟 2人区 民主2議席独占か、自民1議席奪還か
埼玉/神奈川/愛知 3人区 自/民確定で3番目のイスを民主と公明で争う選挙区
大阪 3人区 公/民確定 3番目のイスを自民と共産で争う選挙区
東京 五人区 民/民/公/自まで確定で残りを共/無(川田龍平 HIV被害者)
で追う公算が高い

posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 12:08| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

原爆発言「しょうがない」と「やむを得ない」の違い

久間章生防衛相(当時)2007年6月30日 問題となり辞任

「米国はソ連が日本を占領しないよう原爆を落とした。無数の人が悲惨な目にあったが、あれで戦争が終わったという頭の整理で、今しょうがないなと思っている」



昭和天皇「1975年10月31日の記者会見」問題視されず

「原子爆弾が投下されたことに対しては、遺憾には思ってますが、こういう戦争中であることですから、広島市民に対しては気の毒であるが、やむを得ないことと私は思っています。」





言った人のレベルの違いなのか、時代の違いなのか、「しょうがない」と「やむを得ない」は意味が違うと言いたいのか、それは読んだあなたの考え方次第です。

「聖断」虚構と昭和天皇
posted by ブログ、オイコノミア、あいのり at 11:54| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする